メールマガジン

85号  「全国大会」アンケートから(3)

[ KNOWS Now! ]85号  「全国大会」アンケートから(3)
 投稿日:2020年10月21日(水)
作成者:学修デザイナー協会

  [ KNOWS Now!(学修デザイナー協会メルマガ)]
  誰もが夢中になれる学びをつくる

 

「晴れた日は、外に出よう!」

閉じこもる生活が続いたので、なるべく外に出ようとしています。近所の家の庭隅に植えられた柿の木に、小さな実がたわわになっていました。珍しいものを「発見!」したような気になりました。

近くの植物園には、92品種100本余の柿の木が植えられたくだもの園があります。一昨年の台風の塩害で多くの枝葉を伐採したため、樹勢も実のなり具合も少し寂しい感じがします。そんな柿の木の枝に「わたしたちがしゅうかくしますので、とらないでください。〇〇〇養護学校」という段ボールの表示が何枚かありました。

その枝の高さは、ちょうど子どもたちの手に届くのでしょうか。晴れた日に子どもたちが元気な声を上げながら、柿の実を収穫している様子が目に浮かびました。少し元気をもらったような気がしました。

ヨーロッパでは、再びコロナウィルスの感染が拡大しているようです。気を許さずにこの見えない敵と戦い続けなければなりません。

今号も、全国大会に寄せられたアンケート(3)を掲載します。

  ━━━━ 目 次 ━━━━
1 全国大会のアンケートから (3)<抜粋>

Q4 研究協議(2)の平井聡一郎氏の御講演について

2 ~言の葉スクランブル~
       「レスピレーター (respirator)」ってなに?

━━━━━━━━━━━━━━━━
Q4 研究協議(2)の平井聡一郎氏の御講演について感想をお願いいたします。

  • 学ぶ場所の多様化、学び方の多様化→ドリルはAI、知識はオンデマンド、対面がオンラインという新たな学び方について、これからの世代には一斉一律ではなく個別な対応ができる教育が必要と感じました。自治体や教育委員会の内情なども参考になりました。
  • わかりやすかったです。

  • GIGA スクール構想のツボが良くわかりました! 個別最適化の学びをひろげてほしい。
  • コロナをチャンスととらえてICT 化を推進する空気。ぜひ進めていきたいと思います。
  • 貴重なキーワードをいろいろ伺えて、元気をいただきました。

  • 日常使いのオンライン教育をハード、ソフト両面で整備していく必要性を痛感させられるお話でした。平井先生の情熱がひしひしと伝わってきて、襟を正す思いで聞かせていただきました。
  • やはり一番おおきな課題が、持ち帰りと日常的な利用をどう実現するかである、ということがよくわかりました。

  • 内容は大変学びになりましたが、ICT万歳的な姿勢が少し気になりました。オンライン活用の基本には、アナログでしか学べない基底の能力が必須であると私は考えておりますが、そのバランスについてのお考えを聞いてみたかったです。(「環境が整わない学校はやめなさい」という表現は大変気になりました。そういう場所こそ救わなければならないのではと思います。)

  • 痛快なお話が気持ち良かったです。自分の職場にいてもらえたらなと思ってしまいました!
  • 平井先生のお話は、特に心に響きました。おんぶにだっこというわけにはいきませんが、次代の子供たちのために、親という立場で参加可能ことを、これからも考えていきたいと思います。

  • 率直な言葉で現状の問題と課題を挙げていただきよかったです。
  • チーム作りで苦労しているので、うらやましく感じました
  • ずばっと問題点を指摘していただき気持ちのよい講演でした。共に風通しと資金力不足の状況を辛く感じました。しかし、打破の道はあると信じて進みたいと思います。

  • とにかく痛快の一言に尽きる。言いたいけど言えなかったことを言ってくれた。コロナの休校時のときとこれからの日常の中のICT は全然違う。そしてこれからくるインフルエンザの学級閉鎖でも対応をする必要があるし、それは、ケガや病気で入院して学校に来られない生徒に対しても同じ。できることからとにかくどんどんやっていく必要があると思った。管理職にはならないけど、管理職を裏から動かす養護教諭になる!

  • これまで、ICT 化が進んでいない真相がわかった気がしました。
  • GIGA スクール構想の意図がとてもよくわかりました。
  • 職場で早速お話したいと思います。来年2月に自治体から情報端末が一人一台貸与されます。その大前提となる考え方を理解するのに役立ちました。

━━━━━━━━━━━━━━━━
 2 ~言の葉スクランブル~

   「レスピレーター (respirator)」ってなに?

「人工呼吸器」と言えば、聞いたことのある言葉だと思います。新型コロナに感染した患者の治療のためにレスピレーターやエクモ( ECMO)が使われました。特にECMOは、医療関係者以外の人には耳新しい言葉だったのではないでしょうか。

ぜひ近い将来、絶大な効き目を発揮する「ワクチン」が開発され、その名前と共に「終息」という言葉が専門家から発せられる日を待ちわびています。

「三密」や「ロックダウン」「濃厚接触」などの「言葉」が遠い記憶になるように願っています。

━━━━━━━━━━━━━━━
  [KNOWSなう] 第85号は、いかがでしたか?第86号は11月上旬の配信を予定しています。
 御感想、お問い合わせは
■□ NPO法人 学修デザイナー協会 □■
http://www.learning-designer.org
までお寄せください

▼ Facebook グループ「 KNOWS サロン」もあります。
https://www.facebook.com/groups/KNOWSjapan/

◆新しいメールアドレスを登録したい場合は下記のURLからお願いします。
https://w.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=npo_lda&task=regist


◆購読の解除は下記のURLからお願いします。
https://w.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=npo_lda&task=cancel

NPO法人学修デザイナー協会
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号バルビゾン30
TEL:050-5876-6994/ FAX:050-3737-9274