メールマガジン

83号 「全国大会」を終えて

[ KNOWS Now! ]83号  「全国大会」を終えて
 投稿日:2020年9月24日(木)
作成者:学修デザイナー協会

  [ KNOWS Now!(学修デザイナー協会メルマガ)]
  誰もが夢中になれる学びをつくる

 

首都圏でも気温が30℃以下の日が多くなり、さすがに過ごしやすい時期になってきました。四連休では、人や車の流れも 多くなり、イベントなども規制が緩和されて徐々に日常に近くなっている感じもします。


9月12日には、第9回KNOWS教育研究全国大会 兼 第2回学修デザイン研究会をオンラインで開催することができました。50余名の参加者があり、研究協議・ワークショップと予定通りに進めることができました。あらためて皆様のご協力に深く感謝申し上げます。


今大会が参加者の皆様に、どのような気づきや収穫をもたらすことができたのか、主催者としても気がかりです。

今号は、参加者の皆様から寄せられたアンケートを掲載します。皆様の感想を共有したいと思います。

  ━━━━ 目 次 ━━━━
1 全国大会のアンケートから (1)<抜粋>

2 ~言の葉スクランブル~
       「ダイナミック プライシング(dynamic  pricing)」ってなに?

━━━━━━━━━━━━━━━━
1 全国大会アンケートから(1)

 Q1 全国大会で最も印象に残ったことは何ですか。 

・平井総一郎先生の、地震が来ても GIGA スクール構想を熱く語ったところが印象に残りました。「つべこべ言わずやってみろ」もいい言葉です。
 

・ ICT GIGA スクール構想の話。教育現場の先生方の中にも新しい時代に向けて進化を楽しんでいらっしゃる方がいて安心しました。

 

・公立の学校でも先進的な取り組みをされている先生方がいらっしゃること。しかしそれはまだごく一部であることも。

 

・フリップグリッドの体験、講演。

・「オンライン授業は飽きると、どこかへ行ってしまう」という言葉。 

・GIGA スクール構想の動きに対する現場の感覚 。


・コロナを変革のチャンスと前向きに捉えていた活動。 

・こんなに多くの皆さんが、これからの新しい教育の在り方について日々研究されていることを知ることができて、感慨ひとしおです。 


・ITC 化を阻む雰囲気があることを、現場の先生のお声でお聞きしたこと。 

・探求の実践例のお話。 

・学修デザインシートの爆弾。

・授業デザインで爆弾を投下することで、自分の頭の中にないデザインができる爆弾処理が刺激的でした!もらった方も、渡した方も(笑)。


・普段の「もやもや」が「すっきり」に変わったこと。午前中しか参加できませんでしたが,とても刺激的でした。


━━━━━━━━━━━━━━━━
 2 ~言の葉スクランブル~

     「ダイナミック プライシング(dynamic  pricing)」ってなに?

 

 日本語では「価格変動制」を意味するのでしょうか、宿泊施設などでの週末の料金やトップシーズンやオフシーズン時の旅行代金を思い起こします。需要と供給の状況に合わせて価格を変動させる戦略と説明されます。


一つの飲食店で時間帯によって、価格を変える試みなども行われているようです。例えば、12時の混雑時に1000円で食べるカレーライスと、2時半に余裕を持って900円で食べるカレーライス。店側と客側のそれぞれの事情が見えてきます。

━━━━━━━━━━━━━━━

  [KNOWSなう] 第83号は、いかがでしたか?第84号は10月上旬の配信を予定しています。
 御感想、お問い合わせは
■□ NPO法人 学修デザイナー協会 □■
http://www.learning-designer.org
までお寄せください

▼ Facebook グループ「 KNOWS サロン」もあります。
https://www.facebook.com/groups/KNOWSjapan/

◆新しいメールアドレスを登録したい場合は下記のURLからお願いします。
https://w.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=npo_lda&task=regist


◆購読の解除は下記のURLからお願いします。
https://w.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=npo_lda&task=cancel

NPO法人学修デザイナー協会
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号バルビゾン30
TEL:050-5876-6994/ FAX:050-3737-9274