メールマガジン

[ KNOWS Now! ] 40号

【 KNOWS なう~ KNOWS の中には今 (NOW) がある~】
特定非営利法人 KNOWS の子供たちの未来に橋を架けるメルマガ 

 「平成30年7月豪雨(西日本豪雨)」で被災された方々にお見舞い申し上げます。ニュースでも流れているように、酷暑の中での後片付けとなっておりますが、1日も早い復旧、 復興をお祈りいたします。

 いよいよ全国大会開催までひと月に迫ってきました。
今号は第7回全国大会の分科会の発表テーマと提案者を掲載します。多くの方の参加をお待ちしています。

(発表内容の概要は、NPO法人KNOWSのホームページに掲載してあります。)  http://knowslearning.org/

◆◆◆◆目   次━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆◆

Ⅰ 第7回全国大会、テーマと提案者について

Ⅱ 「男が勝とうが負けようが、女は・・」
マララ・ユスフザイの替え歌から    

◆◆◇◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆◆◆

Ⅰ第7回全国大会について
【KNOWS教育研究会全国大会】

【テーマ】誰もが夢中になれる学びの創造
【日時】2018年(平成30年)8月5日(日) 10:00〜17:00
(レセプション 8月4日(土) 17:00~19:30)
【会場】日本教育会館 (千代田区一ツ橋2−6−2)
 http://www.jec.or.jp

【スケジュール】
 10:00〜10:45 全体会(挨拶・基調報告)
 11:00〜12:00研究協議(分科会1)
〇分科会(1-1)
「特別支援教育 × 思考ツール × ICT」
発表者 渡邊 亨(茨城県立特別支援学校教諭)

〇分科会(1-2)  
「学修デザインを意識した授業プラン」~小学校図画工作科高学年造形遊び(洗濯ばさみアート)の授業実践報告~ 
発表者 佐久間賢志(学校法人朝日学園 朝日塾小学校教諭) 

 13:00〜14:00 研究協議(分科会2)
〇分科会(2-1)  
「フューチャーマッピング的要素を導入した入学式の可能性を考える」
発表者 高倉良一(香川大学教授)

〇分科会(2-2)  
「食で変わる未来」
発表者 濱田 真里(管理栄養士)
 
 14:15〜16:45 ワークショップ
実践例(カタンを使った授業について)
発表者 佐々木裕美子(公立高校教員)

NPO法人日本カタン協会のスタッフのご協力により、ボードゲーム「カタン」の体験実習を行います。
  
 16:45〜17:00 全体会 閉会式

【全国大会参加費】4,000円
【飲食について】
 昼食は各自でおとり下さい(会場周辺にレストラン、コンビニがあります)

【レセプション】は前日(4日・土曜日、アクションセンター)にて開催いたします
 時間:17:30~19:30
 会費:5,000円

参加申し込みは以下のURLで受け付けています。
▼第7回KNOWS全国大会(8月5日)
http://www.almacreations.jp/seminar/semdetail.html?mode=view&pmid=4300&semno=1
▼KNOWS全国大会レセプション(8月4日)
http://www.almacreations.jp/seminar/semdetail.html?mode=view&pmid=4301&semno=1

△△△△━━━━━━━━━━━━━━━━━━△△△△

Ⅱ「男が勝とうが負けようが 女は先に進んで栄誉を勝ちとる」
「わたしはマララ」の一節から
マララ・ユスフザイがパシュトゥン人が語り継いできた詩を替えて読んだ詩。

元の詩は、「男が戦いで負けそうなら 女が先に進んで栄誉を勝ちとれ」というもの。マララの暮らしていた地域や国の情勢を考え合わせると、この言葉の意味は深い。

マララ・ユスフザイは、1997年7月にパキスタンの北部山岳地帯で生まれる。15歳の時、スクールバスで下校途中にタリバンに襲われ頭部を撃たれるが、奇跡的に一命をとりとめる。2014年、史上最年少でノーベル平和賞を受賞。

◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

[KNOWSなう]第40号はいかがでしたか?

41号の発行予定は7月下旬となります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━