メールマガジン

[ KNOWS Now! ]

69号 ドイツで気づいたこと(6)~交通マナー~

 

[ KNOWS Now! ]69号 ドイツで気づいたこと(6)~交通マナー~
 投稿日:2020年2月26日(水)
作成者:学修デザイナー協会: KNOWS Now!
[ KNOWS Now!(学修デザイナー協会メルマガ)]
  誰もが夢中になれる学びをつくる

 関東地方では、22日に去年よりも15日も早く「春一番」が吹きました。ただ、かなりの強風で「春の嵐」という感じで外出もためらいました。 

 「春一番」は、沖縄や東北・北海道を除く地域で、一定の条件を満たした風にこの呼称をつけているようです。あまりに強い風なので「花に嵐」という言葉を思い浮かべました。依然として新型コロナウィルスの情報に不安な日々が続きます。

 入学試験や卒業式、地域の行事やイベントが予定通りに行えるように願っています。
さて今号は、ドイツで気づいたこと(6)~交通マナー~を掲載します。

━━━━ 目 次 ━━━━
1ドイツで気づいたこと(6)~交通マナー~
2 ~言の葉スクランブル~

       「にくい!にくい!」ってなに?
━━━━━━━━━━━━━━━━
1ドイツで気づいたこと(6)~交通マナー~

「もっと速く走れる?」

 助手席に乗せてもらって、アウトバーンを走るときに聞いてみました。

ドイツの人は速度無制限のアウトバーンを、どれ位のスピードを出すのか確かめて見たかったのです。

  アウトバーンは無料なので、都市間の移動にはとても便利です。何回か乗せてもらいましたが、大体マックス140km/hくらいですね。大型のベンツやポルシェなどが追い抜いていくことがありますが、多くの車はそこまでは出しません。100~120km/hくらいで走っています。140km/hだとかなり速く走る方になります。

  アメリカのハイウェイの制限速度は100マイル/hで、1マイルでもオーバーするとパトカーが追いかけてくる、と聞いたたことがあります。100マイルは約140km、このあたりが外国では一般の人が出せる速度の上限なのかもしれません。ドイツでは交通マナーの遵守が徹底しているなと感じました。 

  街中で歩道に立っていると、特に横断歩道ではなくても、車を停止して「どうぞ」と手で合図をしてくれます。そう言えば信号が無いところでの横断歩道をあまり見かけませんでした。

  通行量が多い交差点にはもちろん信号がありますが、地方に行くとロータリー式の交差点が多くなります。車は右側通行なので、ロータリーに進入したら、反時計回りから右折をしてロータリーを抜けます。車も人もほとんど通らないところで、信号が変わるのを待っているようなことはありません。

  その国の交通マナーは、幼児期からの安全教育に依るところが大きいと言われます。日本では、幼稚園や保育園にお巡りさんが来て、横断歩道の渡り方などを練習していますね。小学校や中学校では、年間2~3回の交通安全教室が義務づけられています。ドイツでも交通安全教育に力を入れているのが感じられました。

Tschues!(チュウス! バイバイ、またね...)

━━━━━━━━━━━━━━━━
 2 ~言の葉スクランブル~

   「にくい!にくい!」ってなに?

 作家多和田葉子は、著書「言葉と歩く日記」の中で、「現代人は『神経』という単語を使うのをやめて、代わりに『にくい!にくい!』と連発してみたらいいかもしれない。」と、言う。

 氏は「枕草子」の「にくきもの」の段を引き合いに出して、「『にくい!』と突き放すところに平安時代の健康さを感じる。」と断じている。

 「にくい」という言葉から「憎悪」という言葉を連想していたが、「にくい」の意味には「すごい、あっぱれ」などの意味もある。「無神経な人」や「神経にさわる人」って、自分の価値基準を超えた「すごい」人なのかもしれません。

※「枕草子」の「にくきもの」の現代語訳はこちらのサイトからも見ることができます。 
https://manapedia.jp/text/1924

 ━━━━━━━━━━━━━━━━
 [KNOWSなう] 第69号は、いかがでしたか?第70号は3月上旬の配信を予定しています。
 
御感想、お問い合わせは
■□ NPO法人 学修デザイナー協会 □■
http://www.learning-designer.org
までお寄せください

▼ Facebook グループ「 KNOWS サロン」もあります。
https://www.facebook.com/groups/KNOWSjapan/

◆新しいメールアドレスを登録したい場合は下記のURLからお願いします。
https://w.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=npo_lda&task=regist
◆購読の解除は下記のURLからお願いします。
https://w.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=npo_lda&task=cancel

NPO法人学修デザイナー協会
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号バルビゾン30
TEL:050-5876-6994/ FAX:050-3737-9274

68号 ドイツで気づいたこと(5)「重厚」

 

[ KNOWS Now! ]68号 ドイツで気づいたこと(5)「重厚」
 投稿日:2020年2月12日(水)
作成者:学修デザイナー協会: KNOWS Now!
[ KNOWS Now!(学修デザイナー協会メルマガ)]
  誰もが夢中になれる学びをつくる

 最近、バス停でバスを待っているときに、よく空を仰ぎ見ています。首筋に当たる風は冷たいですが、空は青く澄み切っていて思わず背筋を伸ばしている自分がいます。
 
2月は、空気が澄んでいるので富士山を眺めたり撮影したりするには絶好の時期のようです。以前、そんな言葉に動かされて、新幹線に飛び乗って三保の松原まで行き、右頬に海を感じながら富士山を撮ったことを思い出しました。
 
さて今号は、東北アクティブラーニングフォーラムの報告と「ドイツで気づいたこと(5)~重厚~」を掲載します。
 
 ━━━━ 目 次 ━━━━
1 東北アクティブラーニングフォーラム報告
2 ドイツで気づいたこと(5) 重厚
3 ~言の葉スクランブル~ 「持ち色」ってなに?
━━━━━━━━━━━━━━━━

1 東北アクティブラーニングフォーラム(2月8日~9日)報告
東北アクティブラーニングフォーラムが、仙台高等専門学校広瀬キャンパスで開催されました。参加したのは幼保から大学までの教員約35名。
 
2日目は3つの分科会に分かれ、学修デザインのセッションでは理事長村田による学修デザインの概要についての説明の後、理事で青森県の小学校教諭である前多氏による、実際の学修デザインシートのかき方のワークショップが行われました。小雪が舞う中でしたが、参加者の熱い想いが伝わってくるフォーラムとなりました。
 
2 ドイツで気づいたこと(5) 重厚
「ドイツのビールはいかがですか?」
私が滞在したリッヒLichというところは、Licher Bierというドイツの中でもちょっと有名なビール醸造所がある街です。ホストファミリーでの初日に一口飲んで、日本では味わったことのない、その爽やかさに感動しました。
同時に、コップの重さに驚きました。普段日本で使われている物と比べて、倍くらいの重さと厚さがあります。これなら床に落としても簡単に割れそうにはありません。他にも皿、スプーン、ナイフなど食器類は手に持つとずっしり感があります。
 
ドイツでは昼食は火を使った家庭料理をいただきますが、朝食と夕食は火を使った物はあまり出てきません。パンとバター、ジャム、チーズ、ハム、ソーセージ、それに生野菜です。パプリカ、きゅうり、りんごなどがそのまま皿の上に乗っていて、自分で適当な大きさに切って食べます。
私はパプリカやきゅうりはハムやチーズと一緒にいただきました。慣れると結構美味しいです。パンは固め、日本の食パンのようなフワフワ食感ではありません。ハム、ソーセージ、チーズは塩味が効いていて、生野菜とよく合います。
滞在期間がそれほど長くなかったということもありますが、日本の食事が恋しくなるという事はありませんでした。塩加減が日本食と似ていたのかもしれません。
 
和食では御飯、汁物の他に、おかずも銘々皿に取って食べますが、ドイツの食事は、パンや生野菜を小さく切って、手に取って食べます。食器の重さの違いは食文化の違いから来ているのだと納得しました。
 
 食事のときにはテーブルにナプキンのような厚みの紙が、折りたたまれて重ねて置かれます。テーブルはドイツ語でティッシュTisch。テーブルで使うのがティッシュペーパーですが、箱に入ったティッシュペーパーではありません。ポケットティッシュもありますが、一枚一枚がやはり日本の倍くらいの厚さです。
 
 初めてトイレットペーパーを使ったときに、何気なくクルクルと巻いてから驚愕しました。トイレットペーパーの束が、いつもの3倍くらいになっていました。一度に流すと詰まるかもしれないほどだったので、2度に分けて流しました。
 
 
 ベッドに使うシーツも、厚く、重いものでした。4隅をマットに止めるようなゴムバンドはついていません。コットンの素材感と寝返りを打ってもずれない安心感で、快適な眠りに就くことができました。
ドイツの人は、重厚さで安心感を担保しているのかもしれません。  Tschues!(バイバイ、またね...)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━
 3 ~言の葉スクランブル~

                     「持ち色」ってなに?

 先日、NHK総合TVで放映された「青 金 緑 平山郁夫~色彩と人生」の中で「持ち色」という言葉に出会いました。
 
平山郁夫氏は「画家の持ち色は、その人の人生体験を映し出す」と言い、特に「青 金 緑」にこだわって創作に取り組んだようです。
「持ち味」「持ち歌」「持ちネタ」などの言葉はよく知られていますが、画家は天然の鉱石や岩絵の具から「自分の色」を創り出し、絵を描いていきます。
 
「好きな色」や「ラッキーカラー」などという言葉もよく使いますが、「持ち色」を創り出す画家の飽くなき行為に、芸術家の神髄に触れた思いでした。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━
 [KNOWSなう] 第68号は、いかがでしたか?第69号は2月下旬の配信を予定しています。
 
御感想、お問い合わせは
■□ NPO法人 学修デザイナー協会 □■
http://www.learning-designer.org
までお寄せください

▼ Facebook グループ「 KNOWS サロン」もあります。
https://www.facebook.com/groups/KNOWSjapan/

◆新しいメールアドレスを登録したい場合は下記のURLからお願いします。
https://w.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=npo_lda&task=regist
◆購読の解除は下記のURLからお願いします。
https://w.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=npo_lda&task=cancel

NPO法人学修デザイナー協会
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号バルビゾン30
TEL:050-5876-6994/ FAX:050-3737-9274

67号 無料!「学修デザイン書き方講座」オンラインについて」

[ KNOWS Now! ]67号無料!「学修デザイン書き方講座」オンラインについて」
 投稿日:2020年1月28日(火)
作成者:学修デザイナー協会: KNOWS Now!
[ KNOWS Now!(学修デザイナー協会メルマガ)]
  誰もが夢中になれる学びをつくる

 「新型コロナウイルス」が猛威をふるっています。

先日、知人は香港の友人からマスクを送ってほしいと依頼されたそうです。早速近くのドラッグストアで買い求めて送ったそうです。
 
「大切なものは目に見えない」という言葉がありますが、この厄介な目に見えない「ウイルス」が発熱や嘔吐や倦怠感、そして肺炎を引き起こす前に押さえ込み、一刻も早く収束するように願っています。
 
さて今号は、「学修デザイン書き方講座オンライン」の開催について掲載します。

 ━━━━ 目 次 ━━━━
1 「学修デザイン書き方講座オンライン」について
2 ~ことばスクランブル~ 「勝ちポジ」って?
━━━━━━━━━━━━━━━━

1 無料!【学修デザインシートかき方講座オンライン】
日時=2月1日(土)午前9:30〜10:30 ネットで開催。
今までライブでしかお伝えしてこなかった学修デザインシートの書き方を、ネット会議システムを使ってお伝えします。
 
もちろん参加費は無料!
 
何人でも可能なのですが、初回なので捌き切れない可能性があるので、
8人限定とします。                      
 
活用するツールは                         
Microsoft Teams
Google スライド                            
 
どちらもwebアプリですので、PCの場合はインストール不要です。
 
詳細は、申し込み時に入力していただいたメールアドレスにご連絡いたします。
申し込みフォームはこちら
https://forms.gle/QoSaEdBPRTeYcH789
━━━━━━━━━━━━━━━━
 2 ~ことばスクランブル~ 

  「勝ちポジ」って?


 2019年はラグビーワールドカップで盛り上がりました。そして、今月はトップリーグも開幕して、観客数も多くなったようです。
 
そのトップリーグの試合のあとに、勝利チームの選手のインタビューの話の中に出てきたコトバです。最初「ポジ」が「ポジティブ」のことかと思ったら「ポジション」の省略形でした。
 
つまり「勝つためのポジション」ができていたという話のようでした。競馬でも馬群の中で、騎手は騎乗した馬の特性を考えて勝つための位置取りをすることを「勝ちポジ」と言っているようです。
 
教育の中でも多くの児童生徒を引率したり指導するときには、教員同士の「立ち位置」が重要になります。状況を的確に把握し、意図的・効果的に動こうとするときの「ポジション」の大切さを思い起こしました。

━━━━━━━━━━━━━━━━
 [KNOWSなう] 第67号は、いかがでしたか?第68号は2月中旬の配信を予定しています。
 
御感想、お問い合わせは
■□ NPO法人 学修デザイナー協会 □■
http://www.learning-designer.org
までお寄せください

▼ Facebook グループ「 KNOWS サロン」もあります。
https://www.facebook.com/groups/KNOWSjapan/

◆新しいメールアドレスを登録したい場合は下記のURLからお願いします。
https://w.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=npo_lda&task=regist
◆購読の解除は下記のURLからお願いします。
https://w.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=npo_lda&task=cancel

NPO法人学修デザイナー協会
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号バルビゾン30
TEL:050-5876-6994/ FAX:050-3737-9274
 
 
 
 
 

66号 ドイツで気づいたこと(4)

出初め式@横浜みなとみらい

[ KNOWS Now! ] 66号 ドイツで気づいたこと(4)~あいさつ~
 投稿日:2020年1月15日(水)
作成者:学修デザイナー協会: KNOWS Now!
[ KNOWS Now!(学修デザイナー協会メルマガ)]
  誰もが夢中になれる学びをつくる

 新年明けましておめでとうございます。
 いよいよオリンピックイヤーの幕開け、日本にとって2回目の夏季オリンピックは7月24日に、そしてパラリンピックが8月25日に始まります。
 
アスリートたちの日頃の練習の成果が、各会場で披露されると思います。また、サーフィンや空手、スポーツクライミングなどの新種目も楽しみの一つです。アスリートたちの日々の努力を想像しながら、私たちも元気にスタートしたいものです。
 
さて今号は、「ドイツで気づいたこと(4)~あいさつ~」を掲載します。また、「言葉シリーズ」は~ことばスクランブル~として“気になるコトバ”を取り上げていきます。
 ━━━━ 目 次 ━━━━
1 ドイツで気づいたこと(4)~あいさつ~
2 ~ことばスクランブル~ 「横板に鳥もち」
━━━━━━━━━━━━━━━━
1「ドイツで気づいたこと(4)あいさつ


 ドイツでは「ハロー Hallo!」「チュウス Tschues!」という挨拶が日常頻繁に使われます。(Tschuesのueは、uの上に点々がついているウムラウトの代用表記です。メルマガではウムラウト表記が使えないのでueで代用します。)

 

 ハロー Hallo!は基本的には「こんにちは」。特に親しい人でなくてもHallo!と声をかけ合います。散歩の途中に公園のベンチにかけていたら、人が通り過ぎる度にHallo!と声をかけられました。ここで黙っていると不審者と思われてしまうかもしれません。声をかけられる度にHallo!と返しました。

 家に帰ったら「ただいま」でHallo!それを受けて「お帰り」もHallo!です。店に入ると店員がHallo!こちらも怪しまれないようにHallo!

 

 チュウスTschues!は基本的には「バイバイ」。「またね」という意味もあります。家庭では出かけるときにTschues!(行ってきます)。それを受けて「行ってらっしゃい」もTschues!

 

 グリム兄弟が学生時代を過ごしたマールブルクという街のカフェで、二人で休憩を取りました。
 カフェの多くは、日本で言えばお弁当屋さんぐらいの店構えで、外にテーブルと椅子が並んでいます。店の中に入って注文しようとしたら、テーブルに注文をとりに行くから椅子にかけているようにとのこと。やがて注文を取りに来て、私はビールを、もう一人はアイスを注文しました。支払いもテーブルチャージです。

 

 合わせて7ユーロ50セント。ちょうどトイレ用の50セントコインが少なくなってきたので、札で8ユーロを出したところ、店員は笑顔でTschues!と言ってお金を受け取り、そのまま戻ってきませんでした。


 どうやら50セントは店員のチップになったようでした。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━

 

2 ~ことばスクランブル~


「横板に鳥もち」
正月にラジオを聴いていたら、音楽グループ「アリス」のトークの中で「横板に鳥もち」というコトバが出てきました。ああ「立て板に水」の反対語かな?とボンヤリ考えていました。
 
広辞苑を見ると「つかえながらする下手な弁舌のたとえ」として「横板に雨だれ」というのがありました。「鳥もち」となると「雨だれ」よりも滑舌が悪いことを言うのかもしれません。
 
確かに滑舌がよいおしゃべりは、聞いていてもすんなり耳に入ってきます。心地よいです。ただおしゃべりが得意でない方もいます。「しどろもどろ」でも「たどたどしく」ても、その人がコトバに込めた「思い」や「意味」をじっくり聞き取る姿勢も忘れたくないと思いました。


━━━━━━━━━━━━━━━━

 

[KNOWSなう] 第66号は、いかがでしたか?第67号は1月下旬の配信を予定しています。
 
御感想、お問い合わせは
■□ NPO法人 学修デザイナー協会 □■
http://www.learning-designer.org
までお寄せください

▼ Facebook グループ「 KNOWS サロン」もあります。
https://www.facebook.com/groups/KNOWSjapan/

◆新しいメールアドレスを登録したい場合は下記のURLからお願いします。
https://w.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=npo_lda&task=regist
◆購読の解除は下記のURLからお願いします。
https://w.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=npo_lda&task=cancel

NPO法人学修デザイナー協会
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号バルビゾン30
TEL:050-5876-6994/ FAX:050-3737-9274

 

 

65号 第3回東北アクティブラーニングフォーラム

[ KNOWS Now! ]65号 第3回東北アクティブラーニングフォーラム
投稿日:2019年12月26日(木)
作成者:学修デザイナー協会: KNOWS Now!

[ KNOWS Now!(学修デザイナー協会メルマガ)]
  誰もが夢中になれる学びをつくる

いよいよ押し詰まってきました。一年を振り返るには、心も体も少し落ち着かないとできないようです。それでも10分でも20分でも時間を割いて、「振り返り」をすることは大切です。
 
「振り返り」は、同時に「次の時間」や「来年」を思い起こすきっかけになります。いまの環境では、気づかないことや意識的に排除してきた情報なども確認してみると、ユニークなアイデアや次の一歩へのヒントが湧き出てきたりします。
 
さて今号は、学修デザイナー協会が後援・協力をしています「第3回東北アクティブラーニングフォーラム」の開催について掲載します。

 ━━━━ 目 次 ━━━━
1 「第3回東北アクティブラーニングフォーラム」の開催について
2  「私のいのちは、私の物ですが、私一人の物ではないと思うのです。」
  柳澤桂子著「いのちの始まりと終わりに」からの一節
━━━━━━━━━━━━━━━━
 
1 「第3回東北アクティブラーニングフォーラム」の開催について

よい授業をしたい!積極的に授業に参加してもらいたい!アクティブラーニングを取り入れたい!やってみたいことはいろいろあるでしょう。そんなやってみたいワクワクや思いを東北アクティブラーニングフォーラムで話してみませんか。
<プログラム>
会期 : 2020年2月8日(土)~2月9日(日)
会場:仙台高等専門学校広瀬キャンパス
(仙台市青葉区愛子中央4丁目1)
会費:無料
2020年2月8日(土)
  11:30 受付開始
  12:00 開会あいさつ
  12:10 基調講演「未来のワクワクをインストール」
       札幌市立もみじの丘小学校教諭渡部操先生
  13:00 Ed camp東北アクティブラーニングフォーラム
  17:20 シェア&クロージング終了後 懇親会
2020年2月9日(日)
  9:30  受付開始
  10:00 開会あいさつ
  10:20 分科会セッション
  11:40 全体シェア
  12:50 クロージング
 
<お申し込みの方法など、詳しくはこちらから> 
   https://www.facebook.com/touhokualf/
━━━━━━━━━━━━━━━━
2「私のいのちは、私の物ですが、私一人の物ではないと思うのです。」
     柳澤桂子著「いのちの始まりと終わりに」からの一節
 「この広い宇宙の中に私は存在します。私はひとりぼっちではなく、たくさんの人々に支えられて生きています。」
 
柳澤桂子氏は、1938年東京生まれ。1978年に原因不明の病に襲われるが、闘病生活をしながら精力的に講演や執筆に携わり、平易な言葉で「いのち」に関する多くの著書を著している。

[KNOWSなう] 第65号は、いかがでしたか?第66号は1月中旬の配信を予定しています。

 
御感想、お問い合わせは
■□ NPO法人 学修デザイナー協会 □■
http://www.learning-designer.org
までお寄せください

▼ Facebook グループ「 KNOWS サロン」もあります。
https://www.facebook.com/groups/KNOWSjapan/

◆新しいメールアドレスを登録したい場合は下記のURLからお願いします。
https://w.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=npo_lda&task=regist
◆購読の解除は下記のURLからお願いします。
https://w.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=npo_lda&task=cancel

NPO法人学修デザイナー協会
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号バルビゾン30
TEL:050-5876-6994/ FAX:050-3737-9274
 
 
 

64号【ドイツで気づいたこと(3)】

 [ KNOWS Now! ] 64号【ドイツで気づいたこと(3)】

投稿日:2019年12月4日(水)
作成者:学修デザイナー協会: KNOWS Now!
━━━━━━━━━━━━━━━━
[ KNOWS Now!(学修デザイナー協会メルマガ)]
誰もが夢中になれる学びをつくる
━━━━━━━━━━━━━━━━

 12月に入りましたが、中学高校では「校則」を見直す気運が高まっているようです。「校則」は中高生が学校生活を送る上での決まりであり、集団生活には不可欠なものかもしれません。
 
 ただあまりにも細かすぎたり、理不尽な規則であったりするようなら変えていく必要がありそうです。「誰もが夢中になれる学びをつくる」ことを目指している私たちも「校則」の問題は注視していこうと思っています。楽しい「学び」は、居心地のよい学校の中でこそ体験できると信じています。
 
11月30日に「授業リデザイン講座(学修デザインシート活用講座)」が、表参道のアクションセンターで行われました。参加者は小学校や大学の教員を含めた6名で、「学修デザインシート」を使って授業をリデザインすることに挑戦しました。後半はITC教育に関連して、Flip Grid という最新のビデオメッセージアプリの紹介があり、それを活用した授業づくりをする方もいました。3時間の講座が短く感じた、これからも学修デザインシートを使ってみたい、などの感想をいただきました。
さて今号は、村田理事長の「ドイツで気づいたこと(3)」を掲載します。


 ━━━━ 目 次 ━━━━
1「ドイツで気づいたこと(3)」

2「『みんな』という言葉にまどわされてはならない。『みんな』はどこにも存在しないし、『みんな』は決して何もしてくれない。」

ヘンリー・D・ソロー著「孤独の愉しみ方」から

━━━━━━━━━━━━━
1ドイツで気づいたこと(3) ~トイレ~

「ドイツでは50セントコインをいつも用意しておくように」
ドイツへ行くための事前研修会でアドバイスがありました。トイレが有料のところがあって、大体は50セントが必要になるというのです。

駅や公園などのいわゆる公衆トイレは無料ですが、デパートやレストランの中のトイレは50セントが必要でした。多くはトイレの入り口のところにお皿が置いてあって、トイレの番人みたいな人がいます。特に50セントコインでなければならないということではありません。10セントや5セントのコインを集めて50セントでも構いません。

ドイツに着いて3日目にハンバーガーショップで食事をとりトイレに入ろうとしたところ、案の定お皿が置いてありました。誰もいないのでそのまま用を足し出てきたところで、大声で何か話しているアラブ系とみられる男性がいて、50セントをお皿に入れたら静かになりました。
私の勝手な推測ですが、どうやらトイレをきれいに維持したりするための費用(人件費も含めて)として、50セントを徴収しているのかもしれません。それはそれでお国柄と割り切ってしまうしかありません。

同行した学生の一人が、友だちが飲み終えたペットボトルをもらっていました。ドイツではエコ対策として、ペットボトルを店に持ち込むと25セントで回収してくれます。2本あればトイレ代になります。なるほど、名案ですね。

自分のサイフの中の50セントコインが少なくなってきたので、買い物をしたついでに2ユーロ硬貨を50セント硬貨4枚と交換してもらいました。ドイツ語ができない私は、iPhoneのGoogle翻訳アプリを使ってそれを店の人に見せたら、オーケーと。

自動翻訳アプリの威力を感じました。

 ◆◇◆━━━━━━━◆◇   

2 「『みんな』という言葉にまどわされてはならない。『みんな』はどこにも存在しないし、『みんな』は決して何もしてくれない」
ヘンリー・D・ソロー著「孤独の愉しみ方」から
 
ソローが新しい服をあつらえようと、「いつもの仕立屋に頼むと、彼女はおごそかに、『最近はみなさん、そんな風にはされませんよ』とのたまう」と書いている。
 
 子どもが親にスマホをねだるときには、「クラスのみんなが持っているよ」と言い、スカート丈を短くしたり髪を染めるときは、「みんながやっているよ」と言う。子どもは、「みんな」を味方につけると願いが叶う可能性が高いことを知っている。
 
それは、「同調圧力」という言葉にも通じるのかもしれない。どこかに見えない「みんな」が隠れている。あらためて「みんな」をよく見極める必要がある。
 
ヘンリー・D・ソロー氏は、1817年にアメリカで生まれる。作家、博物学者、代表作に「ウォールデン 森の生活者」がある。1862年死去。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
[KNOWSなう] 第64号は、いかがでしたか?第65号は12月下旬の配信を予定しています。
 
御感想、お問い合わせは
■□ NPO法人 学修デザイナー協会 □■
http://www.learning-designer.org
までお寄せください

▼ Facebook グループ「 KNOWS サロン」もあります。
https://www.facebook.com/groups/KNOWSjapan/

◆新しいメールアドレスを登録したい場合は下記のURLからお願いします。
https://w.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=npo_lda&task=regist

◆購読の解除は下記のURLからお願いします。
https://w.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=npo_lda&task=cancel

NPO法人学修デザイナー協会
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号バルビゾン30
TEL:050-5876-6994/ FAX:050-3737-9274
 
 

 
 

63号【開催間近!「学修デザインシート活用講座」】

投稿日:2019年11月19日(火)
作成者:学修デザイナー協会: KNOWS Now!
━━━━━━━━━━━━━━━━
[ KNOWS Now!(学修デザイナー協会メルマガ)]
誰もが夢中になれる学びをつくる
━━━━━━━━━━━━━━━━

京都・桂離宮

 

 「秋が短くなったってホント?」

 前を歩いていた二人連れの女性の一人が言った声が聞こえました。彼女は、連れの女性の腕をつかむと立ち止まり、街路樹の梢を見上げました。
 
 ここ原宿表参道には、街路樹として160余本のケヤキが植えられています。ケヤキの8割ぐらいは濃淡さまざまに色づいており、秋らしい景色をつくっていました。外国人が多く集うこの地域では、11月に入っても暖かい日にはTシャツ1枚の若者が行き交っています。それでも季節は巡っていきます。
 
 秋が短くなったのか、夏の暑さが長すぎるのか、ちょっと季節感が曖昧になっている今日この頃。皆さんはスポーツの秋、芸術の秋、読書の秋、食欲の秋….どんな秋を過ごしているでしょうか?
 
さて今号は、開催が迫ってきました「学修デザインシート活用講座」について再掲します。
 ━━━━ 目 次 ━━━━
1「授業をリデザインしよう〜学修デザインシート活用講座」の開催について
2 「悲観的に準備し、楽観的に対処せよ」
佐々淳行著「平時の指揮官 有事の指揮官」からの一節

━━━━━━━━━━━━━
1「授業をリデザインしよう〜学修デザインシート活用講座」の開催について
 〇日時=11月30日(土)  13:00〜16:00
 〇場所=東京表参道「アクションセンター」 
     〒150-0001渋谷区神宮前4-11-13バルビゾン30
 〇講師=前多 昌顕 (学修デザイナー協会理事) 
 〇資料代=2000円(通常3000円)
 
前向きな参加者と一緒に、眉間にしわを寄せずに、教師も児童・生徒も共にワクワクできる授業デザインの手法を学びませんか。
 
「授業をリデザインしよう(学修デザインシート活用講座)」は、
11月30日(土) 13:00〜16:00、東京表参道にて開催します。
 
義務として参加させられる研修とは全く違う、お菓子を摘みながら参加できる、ワーク中心の実践的な内容です。
学修デザインシートの使い方を学び、自分の授業をリデザイン(再設計)しましょう。
 
自分の授業に課題を抱えている人は、授業が大きく変わります。自分の授業に自信がある人は、なぜ上手くいくのかを客観的に捉えることができ、人に伝えることができるようになります。
 
授業は毎日行うもの。小さな変化でも、年間を通してみると大きな変化に繋がります。
教育書1冊分の金額で、ずっと使える、実践的なスキルを身に付けましょう。
 
お申し込みは、以下のURLをクリックしてください。  
  https://peatix.com/event/1358972
 ◆◇◆━━━━━━━◆◇   
2 「悲観的に準備し、楽観的に対処せよ」
佐々淳行著「平時の指揮官 有事の指揮官」からの一節  
 
佐々氏は、他の著書でもこの一節を使っています。準備をしたり計画立案するときに、過去のデータや前例を踏襲しているだけだと、最悪の事態が起きたときに対処できずに混乱すると指摘しています。
 
最近の大きな災害への対処も、準備、計画立案の段階で「悲観的な」事態を想定していたのか、否かは責任者の言動から明らかになっています。「想定外」「予測不能」という言葉は、組織のトップが使う言葉ではないような気がします。
 
ただ「最悪の事態」を想定しても、「金」や「時間」を理由に準備や対策がなされていないとしたら残念です。
 
佐々淳行氏は、1930年生まれ。初代内閣安全保障室長。「危機管理」の概念を社会に定着させ、関連する著書多数。2019年10月に死去、87歳。            
━━━━━━━━━━━━━━━━━
[KNOWSなう] 第63号は、いかがでしたか?第64号は12月上旬の配信を予定しています。
 
御感想、お問い合わせは
■□ NPO法人 学修デザイナー協会 □■
http://www.learning-designer.org
までお寄せください

▼ Facebook グループ「 KNOWS サロン」もあります。
https://www.facebook.com/groups/KNOWSjapan/

◆新しいメールアドレスを登録したい場合は下記のURLからお願いします。
https://w.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=npo_lda&task=regist
◆購読の解除は下記のURLからお願いします。
https://w.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=npo_lda&task=cancel

NPO法人学修デザイナー協会
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号バルビゾン30
TEL:050-5876-6994/ FAX:050-3737-9274
 

62号【ドイツで気づいたこと(2)】


 

 [ KNOWS Now! ] 62号【ドイツで気づいたこと(2)】
投稿日:2019年11月6日(水)
作成者:学修デザイナー協会: KNOWS Now!
━━━━━━━━━━━━━━━━
[ KNOWS Now!(学修デザイナー協会メルマガ)]
誰もが夢中になれる学びをつくる
━━━━━━━━━━━━━━━━


 久しぶりに、近くの植物園に立ち寄りました。昨年は、台風による塩害で多くの植物が被害を受けていたので心配でした。しかし、今年の台風は風向きが違ったようで、南西に10キロ離れた横浜港からは潮風が到達しなかったようです。
 
 ただ、強風対策として短く刈り込んだ柿の枝には、昨年の十分の一にも満たない実がぽつりぽつりと色づいているだけで、さびしい風景になっていました。
 
 大きく報道されるような被害がなかった地域ですが、それでも何軒かの屋根はブルーシートで覆われ、強い風や雨、大量の水の影響で崖は削られ、街路樹の葉や小枝が側溝に吹きだまり、草木が倒れかかっていました。自然の脅威を認めると同時に、自然の回復力を強く念じました。
 
 さて今号は、村田理事長の「ドイツで気づいたこと(2)」と、「学修デザインシート活用講座について」を掲載します。
 
━━━━ 目 次 ━━━━
1「ドイツで気づいたこと(2)」
2「授業をリデザインしよう(学修デザインシート活用講座)」について
3「・・・・・。苦しい時こそ、ポジションごとのリーダーたちの腕の見せどころなのだ。」

スポーツグラフィック「Number986」の五郎丸歩の言葉から

                  

━━━━━━━━━━━━━
1ドイツで気づいたこと(2) ~ドイツの水~ 


「水道の水はそのまま飲めますよ。」
ホームステイの初日に言われ、内心「ホントかな」と疑いました。
「外国に行ったら、まず水を売っているところを探せ」と海外旅行に慣れている人たちから聞いていたので、初めは信じられませんでした。「そりゃぁ、地元の人は慣れているだろう。」というのが正直な気持ちでした。
 それで、寝る前に恐る恐るほんの少しだけ飲んで、翌朝何ともなかったので、さらにコップ一杯だけ飲んで、あとは市販のペットボトルの水で一日を過ごしました。それでも何ともなかったので、その翌日からは、空になったペットボトルに水道の水を入れて持ち歩きました。
 
 ドイツでは、日本のようには街頭で自販機を見かけません。多分、防犯上の理由だと思います。ホテルやイベント会場にはありますが、屋外にはほとんどありません。外での活動がある日は、水分を用意しておく必要があります。
 日本で売られているペットボトルは500ミリリットルが主流ですが、ドイツでは1リットルくらいのボトルを持ち歩いている人をよく見かけます。それと炭酸水が多いです。炭酸なしと言っても微炭酸の場合があります。湿度が高くないので、炭酸水も結構美味しいです。
 
 水道の水がそのまま飲める。こんなところにも、日本とドイツの共通性を感じてしまいました。

 

 Tschuss ! (チュウス:バイバイ、またね!)
 
 2「授業をリデザインしよう(学修デザインシート活用講座)」について

 

 前向きな参加者と一緒に、眉間にしわを寄せずに、教師も児童・生徒も共にワクワクできる授業デザインの手法を学びませんか。
 
 〇 日時=11月30日(土)  13:00~16:00
 〇 場所=渋谷区表参道「アクションセンター」 
     〒150-0001渋谷区神宮前4-11-13バルビゾン30
 〇 講師=前多 昌顕 (学修デザイナー協会理事) 
 〇 資料代=2000円(通常3000円)
 
お申し込みは、以下のURLをクリックしてください。

   https://peatix.com/event/1358972

 

3  「・・。苦しい時こそ、ポジションごとのリーダーたちの腕の見せどころなのだ。」
   スポーツグラフィック「Number986」の五郎丸歩の言葉から
 
 この言葉の前には「言うまでもなく、キャプテンはリーチマイケルだ。しかし、彼だけがチームを引っ張るわけではない。」と、いう言葉がある。そして、「苦しいときこそ、・・・・・」と、ポジションのリーダーに言及している。
 
 この文章は、日本ラグビーチームが9月6日に対南アフリカ戦とのテストマッチで破れた試合を分析して、五郎丸歩が[緊急提言]として書いたものである。
 
 五郎丸歩氏は、2015年イングランドでのワールドカップで、フルバックとしてジャパンを牽引した。                


━━━━━━━━━━━━━━━━━
[KNOWSなう] 第62号は、いかがでしたか?第63号は11月下旬の配信を予定しています。
 
御感想、お問い合わせは
■□ NPO法人 学修デザイナー協会 □■
http://www.learning-designer.org
までお寄せください

▼ Facebook グループ「 KNOWS サロン」もあります。
https://www.facebook.com/groups/KNOWSjapan/

◆新しいメールアドレスを登録したい場合は下記のURLからお願いします。
https://w.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=npo_lda&task=regist
◆購読の解除は下記のURLからお願いします。
https://w.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=npo_lda&task=cancel

NPO法人学修デザイナー協会
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号バルビゾン30
TEL:050-5876-6994/ FAX:050-3737-9274
 
 

 

61号【学修デザインシート活用講座について】

 [ KNOWS Now! ] 61号【学修デザインシート活用講座について】
投稿日:2019年10月24日(木)
作成者:学修デザイナー協会: KNOWS Now!
━━━━━━━━━━━━━━━━
[ KNOWS Now!(学修デザイナー協会メルマガ)]
誰もが夢中になれる学びをつくる
━━━━━━━━━━━━━━━━
 日本開催のラグビーワールドカップは、日本チームの初のベスト8、決勝トーナメント進出の話題で盛り上がりました。
 
 観客席では、両チームのファンが一緒になって応援している様子はサッカーや野球とは違った新鮮さがあります。「にわかファン」が増えたようですが、それもラグビーというスポーツの裾野を広げる大事な力になります。
 
準決勝、決勝とまだまだワールドカップは続きます。ヨーロッパで生まれたこの伝統あるスポーツを「勝負・勝敗」だけで観るのではなく、選手の言葉やチーム作り、ルールやレフリーの役割など、様々な角度から観戦するのもおもしろいと思います。
 
さて今号は、「学修デザインシート活用講座」の開催のお知らせを掲載します。
 
━━━━ 目 次 ━━━━
1「授業をリデザインしよう(学修デザインシート活用講座)」開催のお知らせ
2 「自分中心でいいのよ」                  
ドキュメンタリー映画「“樹木希林”を生きる」からの言葉
━━━━━━━━━━━━━
1「学修デザインシート活用講座」の開催について
 〇日時=11月30日(土)  13:00〜16:00
 〇場所=東京表参道「アクションセンター」 
     〒150-0001渋谷区神宮前4-11-13バルビゾン30
 〇講師=前多 昌顕 (学修デザイナー協会理事) 
 〇資料代=2000円(通常3000円)
 
前向きな参加者と一緒に、眉間にしわを寄せずに、教師も児童・生徒も共にワクワクできる授業デザインの手法を学びませんか。
 
「授業をリデザインしよう(学修デザインシート活用講座)」は、
11月30日(土) 13:00〜16:00、東京表参道にて開催します。
 
義務として参加させられる研修とは全く違う、お菓子を摘みながら参加できる、ワーク中心の実践的な内容です。
学修デザインシートの使い方を学び、自分の授業をリデザイン(再設計)しましょう。
 
自分の授業に課題を抱えている人は、授業が大きく変わります。自分の授業に自信がある人は、なぜ上手くいくのかを客観的に捉えることができ、人に伝えることができるようになります。
 
授業は毎日行うもの。小さな変化でも、年間を通してみると大きな変化に繋がります。
教育書1冊分の金額で、ずっと使える、実践的なスキルを身に付けましょう。
 
お申し込みは、以下のURLをクリックしてください。  
  https://peatix.com/event/1358972
 ◆◇◆━━━━━━━◆◇   
2  「自分中心でいいのよ!」
ドキュメンタリー映画「“樹木希林”を生きる」からの言葉
 
監督の木寺一孝は樹木希林の密着取材を許されて1年、「希林さん」の映画撮影の様子などを撮り続けてきた。映画の後半で樹木希林が、木寺を自宅に呼んでガンが全身に転移しているCT画像を見せて言った言葉。
 
樹木希林は、木寺の「曖昧」で「自信のない」様子に業を煮やしたのか、撮影の意図がわからない、何が出てくるの?と苛立ちを見せる。そして、「遠慮している」監督に投げつけるように言い放った言葉が「自分中心でいいのよ!」。
 
樹木希林氏は、1943年生まれ。女優。数々のTV・映画に出演。2018年9月に死去、75歳。                      
━━━━━━━━━━━━━━━━━
[KNOWSなう] 第61号は、いかがでしたか?第62号は11月上旬の配信を予定しています。
 
御感想、お問い合わせは
■□ NPO法人 学修デザイナー協会 □■
http://www.learning-designer.org
までお寄せください

▼ Facebook グループ「 KNOWS サロン」もあります。
https://www.facebook.com/groups/KNOWSjapan/

◆新しいメールアドレスを登録したい場合は下記のURLからお願いします。
https://w.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=npo_lda&task=regist
◆購読の解除は下記のURLからお願いします。
https://w.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=npo_lda&task=cancel

NPO法人学修デザイナー協会
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号バルビゾン30
TEL:050-5876-6994/ FAX:050-3737-9274
 
 

 
 

60号【ドイツで気づいたこと】

 [投稿日:2019年10月8日(火)
作成者:学修デザイナー協会: KNOWS Now!
[ KNOWS Now!(学修デザイナー協会メルマガ)]
誰もが夢中になれる学びをつくる
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 3年半前に、更地になった国立競技場の跡地を写真に撮っていました。そして、「どんな競技場ができるのだろうか?」と知人と話をしていました。
 
東京では、来年のオリンピック・パラリンピックの準備のために至るところで工事をしています。事務局からほど近い原宿駅でも新駅舎の工事が行われています。
 
趣あるイギリス風の今の駅舎は、都内最古の木造建築だそうです。来年はどうなっているのだろうか?街並みの変化をしっかり記憶と記録に留めておこうと思いました。
 
さて今号の内容です。村田理事長は、この夏ドイツに17日間滞在してきました。滞在中に見たり聞いたりして、感じたことをまとめてくれましたので掲載します。


◇◆◇◆ 目 次 ◇◆◇◆

1 ドイツで気づいたこと(1) 村田孝二
2 「一生は短いんですもの、やりたくないことに時間を費やすなんてもったいないわ。」

「思うとおりに歩めばいいのよ~ターシャ・テューダーの言葉~」からの一節

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 1 ドイツで気づいたこと(1)
7月末から18日間の日程で、第46回日独スポーツ少年団同時交流の引率指導者の一人として、ドイツに行ってきました。
 
各県から応募して選ばれた16歳から26歳までの団員78名と引率指導者11名が、11のグループに分かれてドイツの各州でホームステイをしながら、スポーツや文化の交流をするという事業です。同じ時期にドイツの若者たちが日本に来ます。
 
茨城と埼玉から応募した高校生から大学生計8名と私は、ヘッセン州にあるLichという市で12日間を過ごしました。Licher Bier というドイツではちょっと有名なビール醸造所がある街です。一人ひとりが別々のホームステイ先にお世話になり、そこのファミリーとの交流を深めることで、普段着のドイツに触れることができました。
その中で、「へぇ、そうなんだ」と気づくことがいくつもありました。そのひとつ、
 
ドイツの子供たちは質問をするときにまっすぐ手を挙げません。
それは「ハイル、ヒトラー」を連想するので禁止されているのです。
 
学校の授業だけでなく、スポーツクラブの活動でも、指導者が説明をした後は必ず「質問は?」と尋ねます。すると、質問や意見がある子どもは、人差し指を立て、肘を軽く曲げて挙手をします。
面白いですね。日本ではまっすぐ手を挙げるように言われていますね。
 
挙手をする子がいる限り、指導者はその子の顔を見て、最後まで話を聞きます。このやりとりが行われている間は、発言する子の声が皆に聞こえるように(たとえ恥ずかしそうに話す子がいても)、他の子も静かにしています。
 
子どもの質問や意見を聞いた指導者は、分かりやすい言葉を選びながらコメントを返してあげます。多数の意見に流されないように、一人ひとりの考え方を尊重しようとしているのだと感じられました。
 
これらの話し合いのやり方は、学校では低学年から高学年まで(日本でいう小学生から高校生まで)、そして地域のスポーツクラブでも同じです。同じ雰囲気の中で、子供たちは質問や意見を言えるような環境のもとで育っていきます。
 
・まっすぐ手を挙げない。
・指導者は、一人ひとりの意見や質問を最後まで聞く。
・指導者は、話し合いが劇場型に流されないようにする。
 
ドイツという国はこんなところでも、ヒトラーの亡霊から子供たちを守ろうとしているのですね。
 
Tschuss ! (チュウス:バイバイ、またね)

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇

2 「一生は短いんですもの、やりたくないことに時間を費やすなんてもったいないわ。」                  

ターシャ・テューダー著「思うとおりに歩めばいいのよ~ターシャ・テューダーの言葉~」からの一節
誰もが「やりたくないことに」時間は費やしたくないと思っているに違いない。しかし、現実には「やらなければならないこと」があり、多くの時間を費やしている。
 
なぜ「やりたくないのか」を深く考えると、いろいろな理由が出てくるかもしれない。そこから自分が「進むべき道」や「本当にやりたいこと」が見えてくるのかもしれない。
 
言葉尻を捉えて、やり過ごすことは簡単だが、自分事として時折思い出してみる価値のある言葉だと思います。
 
ターシャ・テューダー氏は、1915年アメリカはボストンの生まれ。絵本作家、園芸家。晩年は、バーモント州の山奥で一人暮らしをはじめ、作庭が評判になる。2008年、92歳で死去。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 [KNOWSなう] 第60号は、いかがでしたか?第61号は10月下旬の配信を予定しています。

御感想、お問い合わせは
■□ NPO法人 学修デザイナー協会 □■
http://www.learning-designer.org
までお寄せください

▼ Facebook グループ「 KNOWS サロン」もあります。
https://www.facebook.com/groups/KNOWSjapan/

◆新しいメールアドレスを登録したい場合は下記のURLからお願いします。
https://w.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=npo_lda&task=regist

◆購読の解除は下記のURLからお願いします。
https://w.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=npo_lda&task=cancel

NPO法人学修デザイナー協会
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4丁目11番13号バルビゾン30
TEL:050-5876-6994/ FAX:050-3737-9274